上司は艦長|ガノタなサラリーマンが妄想的に考える その壱

ガンダムは大河アニメと比喩(揶揄?)するガノタの父ですが、
ガンダムの世界観から社会・会社・組織というものを
時々考えてみたりするわけです、はい。

今回は「上司は艦長」的なお話をお送りします。

よく会社や組織を「一隻の船」として例えることがありますが
ガンダム世界で船と言えばホワイトベース。
アーガマやネェルアーガマまで思い付くと上々!
ラーカイラム、ゼネラル・レビルと答えられる人はややガノタですねwww

船の命運を握るのは艦長で、誰もが思い浮かべるのはブライト・ノア艦長でしょう。
ユニコーンガンダムを観たあとで言うとオットー・ミタス艦長も捨てがたいw

ブライト艦長
ブライト艦長 上司

ブライト艦長はアムロ・レイ、カミーユ・ビダン、ジュドー・アーシタなど
歴代のニュータイプガンダムチームを支えてきた名艦長。
ユニコーンガンダムでもバナージを空に上げるために画策する。
またロンド・ベル、ラー・カイラム所属のエースパイロット
トライスター「ロンド・ベルの三連星」リーダーのナイジェル・ギャレットは
「上が阿呆でも下は信じて従うだけ。」と言いながら
「その点に関しては俺たちはツイてる。直属の上司にだけは恵まれたからな。」
とブライト艦長に心服している。

「直属の上司にだけは恵まれたからな」
この言葉はサラリーマンとしてはすごい意味のある言葉だと感じます。
会社そのものがどうあれ、
上司と部下の間に信頼、敬服関係が成り立っていると強い組織になるなぁ。

実際の所は
「上が阿呆だから下は信じなくてもとりあえず従うだけ、仕事だから」
っていうのが多いのではないかと思うわけです、はい。

上司に恵まれないとつくづく苦労するもので、
知ってる人は知っている話ですが
以前の職場でアタクシも苦しみました・・・(´Д`)

仕事ができるとかできないとかじゃなくて、
「人として」どーなのよ?っていう所です、はい。

「パイロットとしてはエース級だが、
 心が乏しい強化人間の隊長に命は預けらんない。」というのは
現実としてよく聞く
「一人の営業として優秀だけど、上司としては信頼できない・・・。」
と言うのと同じかな・・・と感じるわけです、はい。

オットー艦長

オットー艦長|ガンダムユニコーン

物語当初は副艦やクルーからあまり信を得られてないのでは・・・
と感じるオットー艦長でしたが「ラプラスの箱」を巡る争乱【ラプラス事件】の中で
艦長としての貫禄や決断力を身に付け、クルーの信頼を得たのではないかと感じます。

民間人を人質に連邦の友軍艦を攻撃するよう脅迫した
袖付き(ネオジオン)のアンジェロに対してのセリフ、
「彼らに指一本触れてみろ! その首をねじ切ってやるぞ若造!」
最終決戦の地となるインダストリアル7に向かうネェルアーガマのクルーへの演説。
「これより本艦はインダストリアル7へ向かい、ラプラスの箱を奪取する作戦を実施する。期せずして当初の任務に戻った格好だが、これは軍の命令によって行う作戦ではない。生き延びるため、フル・フロンタルの手に箱が渡るのを阻止するため、本艦が独自で行う作戦である。フル・フロンタルが示したサイド共栄圏構想と、ミネバ殿下が言う可能性に揺らぐ未来・・・どちらが正しい事なのかは、私にも分からない。それを決めるのは我々ではなく、今を生きる若者たち・・・これから生まれてくる、まだ見ぬ子供たちだろう。彼らに判断を委ねるためにも、我々は生きて帰らねばならない。持ち帰った箱とともに、真実を世界に・・・問わねばならない。軍人として・・・一人の男として、諸君の奮闘に期待する!」
ガンダムユニコーン内の名シーンの1つで、艦長としての威厳を感じるセリフです。

「これは軍の命令によって行う作戦ではない。(中略)本艦が独自で行う作戦である。」
心を得ない上司と部下の関係ならば
「何、勝手に決めてんだよ!ざけんなよっ!」
と言いたくなる感じです。はい。

艦長=上司の存在、信頼感って本当に大切で大変だなぁと感じます。

また以前からの主張ですが
「上司は部下を見ている」のではなく、「上司は部下から見られている」
この意識がない限り、信頼関係は成り立たない。

日頃の言動とその一貫性、このあたりが重要だと感じる今日この頃です、はい。

<スポンサード リンク>
<スポンサードリンク>