HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 (前編)

さて、HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリアの
作成に入りました、ガノタな父ですヽ(`▽´)/

プラモ狂四郎シリーズでもひときわ目立つ
レッドウォーリア(パーフェクトガンダムⅢ)ですが、
パーフェクトガンダム、パーフェクトガンダムⅡ(フルアーマーガンダム)
と違うのは重武装ではなく、機動性重視がコンセプトのガンダムです。
そして真っ赤ですがシャア専用ではありません(笑)

MG(マスタ―グレード)1/100ガンダムを作ったあとだと
HG(ハイグレード)はパーツがものすごくちっさく感じます。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 パーツ

レッドウォーリアの特長の1つバーニアポッド。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 バーニアポッド

ていうか、今までのガンプラは
手とか足とかから作成が始まるのが多かったですが
胴体から作成が始まるのは嬉しい!

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 胴体作成

という事でレッドウォーリアの胴体作成、アーマーは別なんですね。
差し替えで隠し武装の胸部ダクトに偽装された3連ミサイルランチャーも再現。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 胴体とアーマー

という事でできました、レッドウォーリアの胴体。
ちゃんとバーニアポッドも可動します。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 胴体完成

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 バーニアポッド可動

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 バーニアポッド通常位置

レッドウォーリアの頭の作成。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 頭部作成

もうこれだけでも満足感w

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 頭部と胴体 正面

MG(マスタ―グレード)1/100ガンダムと

HGBF(ハイグレード)1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリアの
大きさを比較してみました。
なんか ZZZ(トリプルゼータ)を彷彿させますwww
※トリプルゼータもプラモ狂四郎に出てくるモビルスーツです。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 PG1/100ガンダムver1.5との大きさ比較

レッドウォーリアのショルダー作成。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 ショルダー

バーニアポッドの位置変更。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 ショルダーとばにあポッドの位置と

次はレッドウォーリアの腕の作成です。
肘のパーツ作成、意外と細かい。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 肘パーツ

肘パーツと外装。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 肘パーツと外装

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 腕作成

レッドウォーリアの胴体に腕を取り付けて見ます。
※実は腕、右左逆ですwww

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 胴体に腕取り付け

という事で両腕を取り付け。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 胴体に両腕取り付け

左腕にはレッドウォーリアの特長、短いガンダムシールド。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 左腕 ガンダムシールド(ショート)

右腕には分かりづらいかもしれませんが、内蔵ビームサーベル。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 右腕 内蔵ビームサーベル

順序を飛ばしましたが、ランドセル(バックパック)も作成。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 バックパック

あら、バーニアが右左連動して動きます。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 バックパック バーニア可動

バーニアポッドのちょうどいい位置を模索w

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 バックパックとバーニアポッド

ということで、今回はここまで!

今日の紹介ガンプラ
ガンダムアメイジングレッドウォーリア

1/144 HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア

HGBF 1/144 No.026 ガンダム アメイジングレッドウォーリア

価格:1,520円
(2017/2/6 15:25時点)

<スポンサード リンク>
<スポンサードリンク>