HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 (後編)

はい、前回はガンダムアメイジングレッドウォーリアの
作成が上半身まで作成してます、ガノタな父です(゚Д゚)

こんな感じ↓
HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 胴体に両腕取り付け

という事で下半身の作成に入ります(`ω´)ゞ
まずは足から。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 足

強化アクチュエーターを取り付け。
これもバーニアポッドと並び、レッドウォーリアの特長の1つ。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 足 強化アクチュエータ

写真を撮り忘れてますけど、足の裏もそこそこ再現されてます。
最近のプラモデルはディテールが良いですな。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 足 つま先まで

膝(関節)の作成。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 膝の関節

関節に外装取り付け。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 膝の関節 外装取り付け

ふくらはぎの作成。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 ふくらはぎ

脚の組み上げのビフォーアフター。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 脚の組み立て

膝関節と付け根のつながりは差し込み式。
特に付け根に関して言うと、ハの字に立たせる事が可能に。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 膝の関節 はめ込み

次、腰部に取り掛かりまーす。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 腰部 外装

腰部のアーマーは組み込みをずらすことで、ミサイルランチャーが出現。
そう言えば、胸も胸部ダクトに見せかけた隠しミサイルランチャーがあります。
パーツ差し替えで再現。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 腰部 ミサイルランチャー

腰部、組み上げ前。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 腰部組み立て

腰部、組み上げ後。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 腰部ほぼ完成

そして、足を取り付け。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 下半身

とうとう上半身とドッキング!つまりだいたい完成w

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 上半身と下半身をドッキング

バズーカ砲も取り付け。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 バズーカ砲換装

右腕に内蔵されているビームサーベルも再現できます。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 右腕内蔵ビームサーベル

バズーカ砲はバックパックに換装しているため、独特な構え方に。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 バズーカ砲 プラモ狂四郎スタイル

バックパックとバズーカ砲の連結パーツが肝ですな。
HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 バズーカ砲はバックパックにつながっている。
本来、ガンダムアメージングレッドウォーリアには

様々な武装がついているんですが、
プラモ狂四郎ファンとしては敢えてココでフィニッシュ!www
つまりレッドウォーリア(パーフェクトガンダムⅢ)!w

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア作成 バズーカ砲はバックパックに

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリアと
MG 1/100 ガンダム(ver1.5)との大きさ比較。

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリアとMG1/100ガンダムver1.5と大きさ比較

できれば、いつか
MG 1/100 ガンダムアメイジングレッドウォーリアを作りたいですなぁ。

今日の紹介ガンプラ
ガンダムアメイジングレッドウォーリア

1/144 HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア

HGBF 1/144 No.026 ガンダム アメイジングレッドウォーリア

価格:1,520円
(2017/2/6 15:25時点)

<スポンサード リンク>
<スポンサードリンク>